アクセスカウンタ

2007年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
脱脂及び油の酸化に関すること
脱脂及び油の酸化に関すること  過熱水蒸気中では食用油や金属加工油などの脱脂・脱油がしたたり落ちるという効果もさながら、油の沸点以下の温度で蒸発する効果が大きいのではと見ていることは前回申し上げたとおりですが、今回は過熱水蒸気は油脂の酸化値(AV値)を下げる効果があると言うことについてお話しします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/08/15 10:10
食品・金属加工品の脱油・脱脂
 金属加工の業界では加工の際に付着する油を落とす「脱脂」行程があります。実はこの過熱水蒸気が油を除去する効果があります。もっとも、油の粘度が高くなるに連れて除去が難しくなってきますが。  通常は溶剤や界面活性剤を使うのですが、共に環境性に問題があるので何とかしようと最近の業界内では動きがあります。  我々は過熱水蒸気は環境に優しい洗浄方法として提案しています。  以前は溶剤などで簡単に落とせたため、見向きもされなかったのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/06 08:49
何故過熱水蒸気なのか
シャープさんの「ヘルシオ」が出るまで、我々は過熱水蒸気の説明に四苦八苦しておりました。実は松下さんの方が先に出しておられたんですが・・・ あるお客さんが大学の先生に持ちかけたら「圧力無しで水蒸気がそんな高温になるはずがない。その会社は眉唾物だから気をつけたまえ」と言われたエピソードが残っております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/05 14:59
高品質なエネルギーと低品質なエネルギー
この流体加熱を始めた頃から言われたことですが「電気エネルギーは音や光・熱など様々な形に変換できるが、熱エネルギーは他の形に変換も保存も出来ない」。 つまり、電気エネルギーは他の形に変換でき、保存もでき、また細かな制御も出来るから高品質である。反面、熱はそのいずれもまともに出来ない低品質なエネルギーであるとの定義です。 実際、電気エネルギーは電子回路によってテレビや電子レンジなど様々な利用が得られていますが、熱エネルギーは家では「ガスコンロ」です。コックをひねるだけで火力が調整できます。炎の熱... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/05 14:10
創造主の掟 過熱メタン蒸気?
ジェイムズ・P・ホーガンが1983年に書いた本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/05 13:47
過熱水蒸気のメリット・デメリット 乾燥について
食品に対する過熱水蒸気の利用価値は、食材によって異なります。 食材の場合概ね、乾燥・焼成・蒸し・殺菌に分別できます。 目的によって過熱水蒸気の利用手段はそれぞれ異なります。 例えばこんにゃく一つでも、どの調理状態を重視するかで表面状態が異なります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/05 13:16
過熱水蒸気を食品に使うメリット・デメリット−香りについて
よく言われる無酸素状態。 ちなみに、ちなみに食品業界では無酸素ですが、別の業界だと無酸素では無いところがありました。 酸素の検知オーダーの違いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/08/05 12:38
空気も過熱蒸気?
 湯を沸騰させて発生する100℃以下の飽和蒸気は、更に加熱すると過熱水蒸気(もしくは過熱蒸気)という100℃以上の水蒸気(高温スチーム)になります。これは200℃ぐらいの高温になると、透明で陽炎の様なガス体に見えます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/05 12:18
こちらに移動します。
過熱水蒸気のような蒸気や気体及び油や水のような液体を瞬時に精度良く昇降温できる特徴を持つIH(電磁誘導加熱)ヒーター(商品名:DPH)を用い、食品加熱やサウナまで用途に合わせての応用及びラインまで含めた受注生産による装置販売を行っています。 特に過熱蒸気生成の実績が多いですが、約500℃までの全ての領域で誤差0.1℃以内、設定温度到達まで早くて数秒、遅くても1分以内を実現しています。 いわゆるIHヒータ,IHヒータ応用機器の製造販売のベンチャーみたいな企業です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/05 10:27

2007年8月のブログ記事  >> 

トップへ

過熱水蒸気に関すること 瀬田興産化工(株) 2007年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる