過熱水蒸気に関すること 瀬田興産化工(株)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エアーしゃぶしゃぶ」「焼きしゃぶ」「エアー焼肉」は美味しかった

<<   作成日時 : 2011/11/07 09:54   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「過熱水蒸気の食品への応用」の欄の、上から5番目に焼肉の写真があります。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dph/newpage10.htm
画像


これは過熱水蒸気で焼肉をしている状態の写真です。
他にもこんな状態で焼肉パーティをしていました。
画像


炭火やガスなどの「火、炎」は使わず、過熱水蒸気(過熱蒸気)でお肉を焼いています。
この時にみんなで意見が一致したのは「しゃぶしゃぶにすると更に美味しい」。
普通のお肉でもかなりおいしいのですが、しゃぶしゃぶの要領で薄切りにした肉を過熱水蒸気であぶると
もっと美味しいんです。

名称としては「エアーしゃぶしゃぶ」「焼きしゃぶ」「エアー焼肉」
もっともエアーなんたらの呼び名はごく最近なのですが。

吹き出す過熱水蒸気の中に薄切り肉をさらし、ホントにしゃぶしゃぶの要領でお肉をゆらゆらと待つこと数十秒。
出来上がりはタレ無しでお肉の美味しさで食べられます。
焼くことによる油脂類の酸化が押さえられてお肉本来の香りが引き立つんですよね。
長く焼いていても堅くならないし、良いことずくめです。
野菜類はと言うと、ジューシーな仕上がりで美味しく焼けています。とうもろこしなんか大変甘くしゃきしゃき感が程良く残った焼け具合でした。

この時のパーティーでは鳥を一羽丸ごと焼きました。
油の酸化が少なく、鳥の美味しい香りがひときわ目立ち、美味しく食することが出来ました。
ただ、写真は少々グロな所がありますので割愛・・・

カニも先日焼いてみましたが、ホントに美味しかったです。
カニのお肉にジューシーさ、程良い塩味、ひときわ濃いカニの風味・・・
役得でしたね。

さて、ここからの製品化を目指す話になると少々ハードルが高くなってきます。
問題点は過熱水蒸気が目に見えないこと。
大人なら熱いことは判っていますから手を出さないとは考えられますが、子供相手だとそうはいきません。
高温の過熱水蒸気中に手を出すと確実に大やけどになります。

何しろ「エアーしゃぶしゃぶ」ですから目に見えないんです。
普通のしゃぶしゃぶなら熱いお湯が見えますからね。
吹き出し口に赤いランプを置くプランなど視覚に訴えるアイデアがいくつか上がりましたが、子供相手の根本的な対策にはなりませんでした。

ここの問題点が解決できれば、皆様にはそれはそれは美味しい「エアーしゃぶしゃぶ」「焼きしゃぶ」「エアー焼肉」を提供することが出来ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「エアーしゃぶしゃぶ」「焼きしゃぶ」「エアー焼肉」は美味しかった 過熱水蒸気に関すること 瀬田興産化工(株)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる